“乳幼児期の発達” “認知” “身辺自立“ ”言語“ ”運動“

この5つに着目し、ひとりひとりの現状を
把握しながら生活に必要な課題をご家族様と確認し、話し合いをしながら、活動を進めていきます。

プラムステージの目指す療育

「生き抜く力を身につける」「心を育む」「個性・長所を伸ばす」

そのために2つのトレーニングを主軸に取り組んでおります。

①ビジョントレーニングによる基礎能力の向上
②ソーシャルスキルトレーニングによる対外スキルの習得

子供 (20)

ビジョントレーニングとは

書く力・描く力・読む力・作る力・運動する力・集中力・記憶力・イメージの向上を図る訓練です。

子供 (19)

ソーシャルスキルトレーニングとは

人が生きていく上で必要となる「人間関係」や「コミュニケーション」の力をつけていく訓練です。

子供 (18)

プラムステージ八尾木は専門の職員が在籍しています

保育士・看護師・管理栄養士といった専門の職員がおり、お子様の成長をいろいろな面からサポートさせていただきます。

ささいなお子様の悩みについても、専門の職員が相談にお答えします。

お子様の成長に合わせて、作業療法士や運動指導員などの職種やパソコンや音楽などを教える職員を揃え、お子様の成長を見守ります。

管理栄養士の調理療法

月1~2回のクッキングで実際に管理栄養士と一緒に調理の作業を通して子ども達に調理の過程や準備などを知ってもらいます。

個別指導として調理療法でお子様と1対1で料理を学び、楽しんでいただけるプログラムもございますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

子供 (21)

またお子様の悩みについての相談にもお答えします

例)子どもがあまりご飯を食べない。 1つの食べ物しか口にしない。 場所が変わると食べれない。など・・・

子ども達はいろいろな食事に対するこだわりがあります。

そのこだわりに対し、プラムステージでは管理栄養士がこどもたち一人一人に対して、どうして食べないのか。どうすれば食べれるようになるのか。などを職員と考えながら、効果的な対応を実施していき、子ども達の食への課題を解決していきます。

また、レシピや料理の方法、盛り付けなどの工夫なども、家族様にお伝えしていきます。

子供 (22)

ボルタリングの設置

プラムステージでは、ただボルタリングに登り、筋力や体幹を鍛えるだけでなく、
「ボルタリングに登りたい!」となるような取り組みを実施しています。

レクリエーションインストラクターが、ボルタリングを使って行う、楽しい遊びを紹介します。

その遊びから、興味をもってもらい、そこから、ボルタリング以外のスポーツにも、興味をもって楽しんでいただけるよう、支援させていただきます。

ボルタリング

この2つはあくまでも、たくさんある中の支援の一つです

お子様一人一人、個性があります。

その個性を最大限伸ばす、支援をさせていただきます。

子供 (9)